髪質改善

【髪の生え変わり回数には限りがある!?】なるべく1本の髪の毛の寿命を長くすること

髪の生え変わり回数には限りがあるかも?!

最近受講したセミナーで聞いた話です。本当ならちょっとショックなのですがシェアします。

ショックなことは知りたくない!という方はスルーしてくださいね。

髪の毛は成長期、退行期、休止期というヘアサイクルによって、生えて成長して抜け落ちてまた生える、を繰り返しています。

成長期はその名のごとく、毛母細胞が活発に分裂して髪が成長している期間です。ヘアサイクルのほとんどはこの成長期です。
そして2~3週間ほど、毛母細胞の分裂が減少していく退行期という期間があります。
そして毛母細胞の分裂が完全に止まってから髪が抜ける2~3ヶ月ほどの休止期があります。

このサイクル1回は個人差がありますが、男性は2~4年、女性は4~6年といわれています。

で、成長期が短くなったり休止期が長くなったりなど、ヘアサイクルが乱れることで『抜け毛が増えたな』とか『薄くなったな』など自覚症状が現れてきます。
育毛を取り扱う美容師として、ここまでは理解していました。

が、

実はそれだけではなく、髪の毛がひとつの毛穴から生え変わる回数は30~40回で終わる!らしいです。
その回数を使い切ると髪は生えなくなり、毛穴も閉じてしまうということです。。

1本の髪の毛が5年間のサイクルを保っていて30回生え変わるなら、150歳までは髪があるという計算になるのですが、例えば何らかの原因でヘアサイクルが乱れて6ヶ月で抜け変わるようになってしまうと、15年分しか持たなくなるということになってしまいます。

実際はヘアサイクルが短縮されてくるのはある程度の年齢になってからだと考えられるねで、残りの生え変わり回数は15回とか10回かもしれません。そうすると数年しか残らないという計算になります!

これが本当なら…怖いですよね。。

髪がある状態を長く保つためにはヘアサイクルを正常化して、なるべく1本の髪の毛の寿命を長くすることが大切ということになります。

生え変わり回数に限りがあってもなくてもらヘアサイクルを正常化することはとても重要で、それが髪のボリューム感を左右します。

大切なのは適切なケア。正しいシャンプーや生活習慣の改善で、ヘアサイクルが短くなるのを緩やかにしたり、引き伸ばしたりすることができますよ。

もしも、髪の毛の抜け変わる回数に限りがあるとしたら、ますます早め早めの対策が肝心ですね。

気になったらご相談ください。
小さなことでも質問をお待ちしております。

くせ毛、ボリューム不足、髪の傷み、エイジングケアなど
髪質改善したい方、ぜひ当店にご相談ください。

TEL. 0120-71-6760

web予約バナー

ページトップボタン